お知らせ

 

 お役立ち情報  2016.07.26

~グレインフリーについて~

iStock_000013749648XSmall首かしげる犬

 

~グレインフリーについて~

 

 

 

最近お客様から

 

husse®さんではグレインフリーフードの取扱いはないの?」

 

と聞かれる事時々あります。

 

 

 

husse®からも遅ればせながら、間もなく取扱い開始出来ると思います。

(秋から冬位を予定しています)

 

 

13087875_1021537867943079_1331442154028371525_n13151756_1021537824609750_88069258143056607_n

 

 

でも、皆さん何故グレインフリーを求めてるのでしょうか?

私のこの問いにお客様は

・グレインフリーって良いんでしょ?

・ワンちゃん・猫ちゃんは穀物は食べる必要ないんでしょ

・ワンちゃん・猫ちゃんは穀物は消化出来ないんでしょ

・そもそもペットフードに穀物を入れる理由は「カサ増し」でしょ

 

この様な回答でした。

 

 

おおよそ皆さんもこんな感じではないでしょうか?

 

正しい知識を頭に入れて、正しいフードを家族に与えて欲しいので少し

「グレインフリー」に付いてお勉強していきましょう。

 

 

PC

 

 

・グレインフリーとは何?

 

穀物類(一般的には、トウモロコシ・大豆・小麦・米etc)を使用せずに作られたペットフードの事です。

 

肉食寄りの雑食動物であるワンちゃんや、完全肉食の猫ちゃんには、

本来穀物を分解する為の酵素がないために、色々な情報から昨今、

穀物を含まないグレインフリードッグフードを求める飼い主さんが増えてきている様に感じます。

 

確かに、ペットフードに穀物が含まれるとワンちゃんや猫ちゃんが、

フードを消化するのに時間がかかるというデメリットはあります。

その上、穀物自体にアレルギーを引き起こしやすい因子がある。とも言われている為に、

元々アレルギーがないワンちゃん猫ちゃんでも穀物を多く含んだペットフードを与え続けていますと、

まれにアレルギーの症状が表れる子が出て来る事も事実です。

 

 

それに、穀物類はワンちゃん・猫ちゃんにとっては消化しにくい事も事実です。

 

消化しにくいという事は、その分胃に長く留まる為、まれにではありますが、

お腹の調子が悪くなり、便が緩くなる子も居てます。

 

 

穀物入りドッグフードは絶対にダメ?

 

なんか、自分でもこう書いていると穀物類は可愛いペットちゃんにとって、まるで

「天敵」の様に書いてしまいましたが、ここからは

「実はそうじゃない面もあるんだよ」

という事を書いていきますね。

 

 

 

・穀物類は必要ないの?

 

実は、私達ペット業界の中でもこの問題には賛否両論あります。

 

確かに、ワンちゃん・猫ちゃんには穀物類を分解する酵素はありません。

先述した通り、これは事実です。

 

ですが、

 

酵素が無い=消化出来ないではないのです。

 

酵素がない=消化するのに時間がかかるという事なんです。

 

時々、穀物類を与えると、消化せずにそのまま便として出て来るんでしょ。

と言われる事もありますが、そんな事はありません。

ワンちゃん・猫ちゃんも、ごく稀な犬種・猫種を除いて、穀物類を食べている内に

慣れてきて上手に消化出来る子も多数報告されています。

当然ながら、穀物類にも貴重な栄養素が含まれており、それが有効だという専門家も

多数いらっしゃいます。

 

慣れたら食べて良いの?という単純な問題でもなくて、穀物類には

その穀物類そのものがワンちゃん・猫ちゃんにに不要な食べ物。というわけではなく

穀物類に含まれる炭水化物の内容が問題だと言われています。

 

実際に、グレインフリーと記載してあるドッグフード・キャットフードの中にも、

良く良く調べてみると、ジャガイモ等のイモ類等の

皆さんお馴染みの炭水化物を含む原材料を使用しているフードもあります。

穀物不使用と書いているにも関わらずです。

(ここで、そのフードはダメなんじゃないか。との野暮な議論は避けておきます)

 

穀物類の中でも

・比較的アレルギーの出にくいとされている良質の炭水化物を含む

穀物類は「スーパープレミアム・ペットフード」には含まれている事が多いです。

勿論、弊社取扱いのhusse®もです!!!

 

 

ここまで読まれてもまだ「穀物は絶対与えてはダメ!!!」と思いますか?

 

この様な時に、良く私が言う事ですが何事にも

 

「絶対はない!」

 

という事です。

 

 

・まとめ

 

20130921_tamuraatsushi_25

 

一般的に世間で良いとされているフードでも

(国産・外国産・値段が高いから・グレインフリーだから・無添加だから・生肉使用だからetc)

その子には合わない事も、逆に悪くなる事もあります。

 

何を選ぶにしても大切な貴方の「家族です!」

 

流行や、広告等で決めるのではなくきちんと貴方が考えて選んであげましょう。

解らない場合は専門家に相談するのも良いと思います。

 

困ったら、弊社に相談して下さい。勿論他社さんでも信頼できる方ならOKです。

 

可愛い家族。

少しでも良い物を。

 

 

 

株式会社 ペミリーのお届けする

husse®は一般市場では販売しておりません。

 

husse®専任フードアドバイザー

が無料でご自宅までお届け致します。

 

ペットのライフステージ(子犬猫・成犬猫・高齢犬猫)やライフスタイル(活動的・標準)

ボディーコンディション(持病・アレルギー・肥満・体重不足)その子に合わせて、

husse® の専任アドバイザー

がご案内させて頂きます。

 

安心・安全なスウェーデンレシピのhusse®

の配達は是非当社へお問い合わせ下さい!







お電話でのお問い合わせ・ご注文も承っております。
06-7505-2961