Husse Japan osaka 

~わんちゃんホンポにてhusseが紹介されました!~

わんちゃん本んぽ

https://wanchan.jp/osusume/detail/3168

 

犬と私の気持ちがつながる。わんちゃんとの暮らしをサポートする犬の

総合支援サイトでお馴染みの

 

「わんちゃんホンポ」さんにて

 

husse® を取り上げて頂きました!

 

とても、とても嬉しい事を沢山書いて下さってます!

 

わんちゃんホンポさん有難う御座います!

 

 

 

以下、引用です。

 

フッセのスーパープレミアムフードは人が

食べても大丈夫って本当!?

 

ご存じの飼い主様もいらっしゃるかもしれませんが、フッセの社長さんがドックフードを食べる紹介ムービーをご覧になったことはないでしょうか?フッセだけではありませんが、最近では穀物不使用なフードで肉の割合の高いものが増えてきています。では、今回はこのフッセについてお話します。

『フッセ』とは?フッセのスーパープレミアムフードとは?

 

フッセは、高品質なペットフードをカウンセリングしながら、デリバリー販売という形態をとっている、パイオニア企業です。
フッセのフードは、「ヒューマングレード」と呼ばれています。
そしてフッセが注目されているのは、高品質なのはもちろんですが、専任アドバイザーによる「カウンセリングデリバリーペットフード」サービスを行っているだからです。
つまり、”人間が普段食べている、安全安心な品質の素材のみを使用”して作られているということです。

 

元気な愛犬

タンパク質・脂肪・炭水化物・必須脂肪酸・ビタミン・ミネラルの成分をバランスよく配合しているのが、フッセのフードへのこだわりです!自然由来の素材で完全無添加というのも魅力の一つ。
また、食べた栄養の消化吸収率も90%以上で、わんちゃんの身体の負担も軽減されます!
そして、カウンセリングしながらデリバリーでフードをお届することで、ワンちゃんの体調や年齢などに合わせたフードを常に提供している、わんちゃんに優しいフード会社と言えるでしょう。

 

わんちゃんへのカウンセリング項目

  • 健康状態の確認
  • 種類(犬種)
  • 年齢
  • 体重
  • 活動レベル
  • 過去の病歴
  • ペットへの悩み
  • 性別など

これらについてカウンセリングしながら、フッセの30種類以上あるフードの中から、その子に合ったフードを2~3種類選び、ご自宅へ持って行き、どれがベストなのかを判断して、フードを決めてくださるそうです。

フードは申し込んでから、1~3日で届けてくださるそうです。
重いフードを届けてくれて、カウンセリングもしてくださるなら、飼い主としては安心できますね。

 

わんちゃんは、本来肉食です。

犬は本来は肉食なので、歯の構造等は他の肉食動物と同じです。
ですが、市販されているフードの半分以上は、穀物が多い原材料の配分になっているのが現状です。

原材料表示には、そのフードに一番多く入っているものから記載されていますので、ほとんどのフードの一番最初にはお肉が表示されていると思います。
ですが、順を追ってみていくと、穀物が一括ではなく、材料別に記載してありますので、トータル的に計算してみると、実は穀物のほうが多い!ということになっているんです。
このドックフードのからくりはご存じでしょうか??

それらと比べて、フッセのフードは肉の割合(動物性たんぱく質)が80%以上です!
人間にも必須アミノ酸がるように、ワンちゃんにもアミノ酸は必要で、フッセのフードはアミノ酸のバランスも良いのです。
しかも、動物愛護先進国でもありますスウェーデンで、とても厳しい基準をクリアした最高の品質のフードであると言えます。

 

期待できる健康維持

  • 美しい毛並みの維持
  • デンタルケア
  • 腸内環境の改善

など、犬本来の身体の維持はもちろんですが、特に上記3つにおいては、フッセのフードを与えたところ、効果がハッキリとわかったなどのユーザー様からの声もあがっているそうです。
年齢とともに、皮膚や毛があれてきますが、そんな悩みもカバーしてくれるプレミアムフードなのです。

 

ドッグフードを食べる愛犬

フッセのフードは人間が食べても大丈夫?

 

先述したように、スウェーデンの高基準・高品質なフードです。
人間が食べているモノを素材として使用しています。
私からすると、むしろ人間より高品質で安心・安全なのでは??と思ってしまうほど、原材料へのこだわりや厳しさがわかります。
ですから、「ヒューマングレード」と言われることも理解できます。

どうでしょうか?下記の基準を見ていただくと、どれだけ安心なフードなのかわかるはずです。

フッセは、下記の基準をクリアしています!

  • ヨーロッパの厳しい基準
  • 国際食品規格
  • 遺伝子組み換え不使用
  • 人間の食品と同じ基準の原材料!!
  • ホルモン剤不使用
  • 獣医推奨

つまり、安心・安全のために、「品質管理」を徹底しているのです!

遺伝子組み換えにより、人間は食物アレルギーや様々はアレルギーや病気の原因になっていると、問題にもなり、なるべく遺伝子組み換えの商品を選ばないようになさっている方も多いと思います。
また、人間の食品と同じ基準ということは、イコール人間も食べても問題のないフードなのです。

 

手のひらにのせたドッグフード

例えば、鹿肉やラム肉は低カロリー高タンパクなどと注目され、フードやおやつでも販売されていますが、おやつで鹿肉ジャーキー50g150円だったとします。
気軽に購入できて、ワンちゃんにも良い!と購入されている方も多いと思います。
実は、私もそうでした。
ですが私達が同じく50gの鹿肉ジャーキーを購入して食べようとすると、150円でなんてとても購入できないですよね?
800円や1000円を超えるものもあります。
どういうことかおわかりになりますか?

ペット用は安く販売できるからくりは、その商品に使用されている原材料の品質があまり良くない、ということです。
肥料袋くらいの大きな袋に入って500円!なんていうフードもあります。
それがどうしてその価格で販売できるのか、ぜひ考えてみてください。

 

飼い主様に、ぜひ試してほしいこと。

 

それは、愛犬が食べているフードやオヤツを飼い主様である、あなたにも食べてほしいのです。

私はありとあらゆるフードのサンプルを取り寄せて、食べました。
水の中に入れて、どれくらいの時間で沈んでしまうかの実験もしました。

ウチの愛犬が、ペットショップにいた頃から食べていたフードは、食欲を増すように、わざわざアブラをかけてあって、香料も入っていますし、発がん性物質である、BHAなども入っていました。
お肉よりも穀物の割合の方が高かったです。

現在は、穀物不使用であり、愛犬の犬種も考慮したフードを与えていますが、香りも味も違います。

うちの愛犬も作られた香りの良いフードよりも、食材本来の香りの良いフードを選びました。

ドックフードなんて食べられない!!と思われるなら、それは愛犬のフードに疑問があるからではないのでしょうか?

フッセの社長さんが実際に食べているムービーがあるので、もしご興味のある方はご覧下さい。

http://www.japan.husse.com/home/

 

まとめ

満足

このように、フッセのスーパープレミアムフードは、わんちゃんの現在の状況や問題をもケアしながらフードを提供し、常に飼い主様とわんちゃんに寄り添い、フードを販売しています。

正直、ちまたにはドックフードはあふれています。
30種類くらいは、詳しく調べましたが、お肉の割合がやはり少ないこと、人間が食べれないものがたくさん使われている(消化を助けるなどの理由で)、発がん性物質や香料、着色料など、不必要なものが入っているフードもたくさんあるのが実情です。

あなたは、愛犬のフードを選ぶ時、何を基準に判断して購入していますか?

ぜひ、フッセさんのムービーを見たり、ドックフードの原材料について一度考えてみてはいかがでしょうか?

フードは人間同様毎日食べるものです。
それが実は安心安全ではなかったら?・・・あなたはどうしますか?愛犬の身体は大丈夫でしょうか?

今後、年齢を重ねたり、病気になった時に、自分で的確にフードを選ぶことができますか?

フッセさんのフードの販売方法は、これから他社もとり入れていってくださると、飼い主である私達は安心しますね。







お電話でのお問い合わせ・ご注文も承っております。
06-7505-2961