アイペット(ペット保険) 

~ペット保険って必要?~

ipet_logo

 

ペット保険は、損害保険の1つとして現在、日本では扱われています。

 

 

ワンちゃんや猫ちゃんの医療行為には人間と違って、公的健康保険がありません。

人間なら健康保険に加入していれば、診療代も薬代も1割~3割負担ですが、

ワンちゃん・猫ちゃんは100%自己負担になります!

(例えば、異物誤飲で¥78,900-、骨折で¥254,200-掛かる例もあります)

 

ですから、治療が長引いたり手術が必要な場合にはかなり高額の治療費がかかってしまうことがあります。
ペット保険とは、大切なペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、かかった費用を

限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。

 

 

その点からも、ペット保険に入るべきか否かは実際問題どの程度の医療・治療を

我が子であるワンちゃん・猫ちゃんに受けさせたいか、という問題と関わって来るのです。

 

いざというとき、費用の問題で適切な獣医療を受けさせることができない。

金銭的に高い治療なので選択肢が狭くなる。

と云う様な事態を避けて、適切な医療・治療を受けさせてあげたいのなら、

入っておいたほうがいいかもしれません。

 

ただペットショップ等で勧められた保険が自分のペットちゃんに適切な保険なのかどうかは、

よく考えなければいけません。

 

保険会社によって補償限度額保険料はまちまちです。

補償対象外の病気(結構要注意ポイントです)があったり、通院は補償されなかったり、

商品内容はその保険によってかなり異なります。

保険契約後の一定期間を補償の対象外とする「待機期間」も各社色々ですので、

保険会社へ確認する必要があります。

 

ペット保険は、ペットショップ等の店頭で、ワンちゃん・猫ちゃんを購入する条件として特定の

保険に加入するよう強制する「抱き合わせ販売」や、保険加入を条件にペット価格などを割り引いている

ペットショップさんも時々、見聞きしますがこれは保険業法違反の可能性もあります。

 

入るか否かも含めて、ペット保険の選択は飼い主様の重要な責任の1つです!

愛する我が子と自分に最適な保険を選択してくださいね!

 

ペット保険も、ペットフードの事も複合的にアドバイスさせて頂きます。

お気軽に、お問い合わせフォーム、又はお電話下さい。







お電話でのお問い合わせ・ご注文も承っております。
06-7505-2961